漫画の紹介と感想のブログ。ネタバレあり

片想いの牢獄で

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜のネタバレ

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜32巻ネタバレ感想 瑠衣が美和子と兄を結婚させた理由とは?

妻が万引常習犯だと知った秋山。

美和子がなぜそうなってしまったのか生い立ちを探る回。

そして、瑠衣が美和子をけしかけて、兄と結婚させた理由が判明します。

丘上あい先生の漫画「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」32巻のネタバレ感想です。

スポンサーリンク

「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」32巻のネタバレ

美和子の生い立ちストーリー

 

両親が亡くなり、幼い弟妹と親戚の家で育った美和子。

叔母夫婦に気に入られず、「居場所がない」というさみしい心を埋めるように万引をするようになった。

 

高校卒業と同時にイタリアンレストランで働くようになり、秋山と出会う。

恋した美和子は、イタリア修行から帰ってきた秋山を追いかけて、同じ職場で働くように。

 

瑠衣が美和子をけしかける!

 

そのころ、「秋山の妹」だと名乗る瑠衣が現れ、美和子の恋を後押しする。

 

「かわいそうな子」に弱い、秋山の性格を利用して付き合い、やがて

「既成事実を作ったほうがいい」

という瑠衣の悪魔のささやきに負け、秋山とのデキ婚に持ち込んだ。

 

結婚、妊娠、幸せなはずが・・・瑠衣の恐ろしい企みとは?

 

子供ができたことで結婚でき、秋山は店をオープンして幸せいっぱいのとき。

瑠衣が現れ、「お兄ちゃんは私のもの」と宣言。

 

美和子をけしかけて兄と結婚させたのは、「子供」ができない自分の代わりに、兄の子供を手に入れるためだと・・・

 

スポンサーリンク

32巻の感想

 

爽は許せないけど、美和子ならOK?

という瑠衣の、おそろしい企みが明らかになりましたね。

 

自分が子供を授かれない体だけど、「お兄ちゃんの子供」はほしい。

そのために利用したのが、母体としての美和子だったとは・・・!?

 

瑠衣の精神がめちゃくちゃ病みすぎてて、ゾワゾワしてしまいました。

美和子は美和子で、不幸な生い立ちのせいでかなり病んでいるし、この漫画、病みすぎ(笑)

 

かわいそうな境遇なのはわかるけれども、大人になって、好きな男性と結婚できて息子も生まれて幸せな生活を送っているのに、

「ストレスが溜まったから万引せざるをえない。

息子に万引させたのは、バレたときに子供のせいにするため」

って、ちょっと母親としてクズすぎっス。

 

あんまり、同情できないかなあ。

でも、秋山はそんな美和子の話をしっかり聞いて受け入れているみたいだし、秋山夫婦はこのまま離婚とかはなさそう。

 

 

あと、爽が同僚のちょっとうっとうしいおっさん・守屋に迫られ、うわーな展開です。

いろいろキツイこと言ってきて、ちょっかいかけてたけどアレですかね。

 

「好きな子をいじめたくなっちゃう」

系な本当は爽に気があって、いじめて気を引こうとしていたってことなんでしょうか。

 

しらんけど。

 

そして瑠衣の最終的な目標である「蛍太くん誘拐」が、まさかの「あの男」に阻止され、再びお話が急展開していきそうですね。

次回配信は、順当だと12/30だと思います。

 

>>「ギルティ」試し読み

 

 

こちらの記事もオススメです

蜜と毒~逆恨みの復讐 ネタバレ感想 1巻 柏屋コッコ

 

ギルティ1巻のネタバレへ戻る

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜1巻のネタバレ感想 丘上あい

 

 

-ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜のネタバレ

Copyright© 片想いの牢獄で , 2020 All Rights Reserved.