漫画の紹介と感想のブログ。ネタバレあり

片想いの牢獄で

ゴミ屋敷とトイプードルと私シリーズ

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuberまみりこ 第2話 ネタバレ感想

池田ユキオ先生の「ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuberまみりこ」第2話では、

ママチューバーたちとまみりこの仁義なき「キラキラtuberバトル」が開始!

 

キラキラママ軍団リーダーの聖子はIT社長と周りのスタッフを懐柔する「裏の手」を使い・・・

スポンサーリンク

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuberまみりこ 第1話のあらすじ・ネタバレ

まみりこに対抗するママチューバー・聖子の奮闘は空振り

 

IT社長・新田潤に引き立てられ、順調にまみりこのライブ配信がランキングを伸ばす中。

 

キラピカママCHの聖子は、「裏の手」で新田や秘書に取り入り、自分を「PUSH」するよう手回しをする。

 

・・・が、まみりこの快進撃は止まらず、「ボスママ気取り」とコメントに書かれ、他のママたちからも笑われて内部崩壊。

 

すべては計算のうち!?まみりこの「計画どおり」

 

レンタルトイプーが腹を空かせている横で、大食い中継を配信して人気を博すまみりこのチャンネル。

 

幼馴染のちえをうまいことアゴでこきつかい、犬の面倒を見させ、髪を結わせて配信を手伝わせる。

 

聖子の「キラピカママCH」を見て、完璧を気取るママを「わかってないw」と見下すまみりこ。

 

動画で「人気」を得るには、「完璧」なんてむしろダサすぎ。

 

完璧な自分じゃない、人間味ある失敗を見せることで「共感」があるのに。

 

まみりこが見せている自分の欠点、失敗すらすべて「計算済み」ということ。

 

まさに策士!まみりこの「失敗配信」はわざと!?

 

新田に対して「わざと媚びない」態度で惹きつけていくまみりこテクニック。

 

今までにない、新鮮な反応に新田も「おもしろい」と新人ライブランキング1位を褒め称える。

 

そしてまみりこは新田を自分のものにすべく、ちえを利用して「わざと」新田への思いを告白し、間違えたフリをして生配信してしまうが・・・

スポンサーリンク

2話の感想

まみりこ、あざとすぎ!!

新しいあざとさ、というのでしょうか。

 

これまでのカワイコぶりっ子女子といえば、甘ったるい声で媚びる子を思い浮かべますが、まみりこはあえて「自分は完璧な人間じゃない」点を強調し、視聴者の共感を得る戦術を使っています。

 

まさに「にんげんだもの」を実践しているというか、失敗したふりをして人の気を引くまみりこの強かさに明日香やサヤになかった「新たなキラキラ女子」を感じます。

 

今回のお話は、ママチューバー・聖子の完全敗北で、「カリスマ主婦」ジャンルで売ろうとしていたのに、そういうのはもうウケない。

 

むしろ、ゾワッとするっていう若い世代の感性とのすれ違いを感じますねー。

 

聖子の場合はよくあるケースで、表面上はエリートの夫に頭のいい子供、セレブ生活で完璧なママ、という仮面をかぶるタイプのキラキラですが、実際の生活は夫に愛想をつかされて息子はグレて手がつけられず、家庭崩壊中。

 

さらに自分を優遇させようと社長たちに、あんな手段で・・・

 

いまのところ、まみりこはうまくやっていますが、前回ラストでやってきた「おまえのやってきたことをバラす」という脅迫メッセージは今回も謎のまま。

 

誰かに恨まれているのは確実っぽいですが、何やったんだろうなあ、まみりこ(笑)

 

これだけ抜け目ない、倫理観も薄いまみりこなので、よっぽど恨みを買うようなことやったんだろうなって気もしますが。

 

どちらかっていうと、味方でいるはずの「ちえ」が敵にまわるような予感がします。

 

さんざん利用してきて、トイプーの面倒まで見させて、裏方ばかりの人生で本当は腹の底で憎んでいてもおかしくないですよね。

 

女同士のマウンティング合戦の中、キラキラtuberバトルのゆくえがどうなっていくのか気になります。

 

来月も楽しみにしています!!

 

3話の感想 

www.kataom.com

-ゴミ屋敷とトイプードルと私シリーズ

Copyright© 片想いの牢獄で , 2019 All Rights Reserved.